中華料理店のY チェア 

昔~中華料理屋さんで数十年使っていたYチェア頂き・実際にメンテナンスしてみました。

2010年、某中華料理店(久留米)が閉店されるという事でお店で数十年使っていたYチェアを譲り受けた知り合いの家具屋(U社長)さん~1脚譲って頂きました。しかし数十年前に中華料理店さんでYチェアを数十脚使っていたというのはちょっと驚きです。届いたYチェアはお店の歴史を感じさせられるくらい、木部フレームは中華油と汚れで真っ黒になっていました。座面のペーパーコードはかなり、たわんでいて座面裏のペーパーコードは何本か切れていました。数ヶ月間はそのままの状態お店に置いておきましたが、もう一度蘇らせたい気持ちになりペーパーコードの張替とフレームのメンテナンスをしてみました。

まず、座面のボロボロになっていたペーパーコードを全て外した状態です(↑)はさみとカッターを使って切る作業ですが、思っていた以上にコードがしっかり木部に巻いてある為、外すのも大変でした。その後は石鹸を使って軽くメンテナンスしてみましたが、うちはオリーブ石鹸を使っています。洗面器にぬるま湯を入れて、スポンジで汚れを落としていき作業ですが・・・見る見るうちに洗面器のお湯が真っ黒になりました。これを3回位替えましたが、あまり綺麗にするのもどうかと思いこれくらいにして‥‥あとは紙やすりで特に汚れの強いところを削ってみました。

   

その状態でメーカーさんに張替依頼と木部のコンディションを見てもらい、約1ケ月後(座面) ブラックぺーパーコードを巻いてもらい届いたのがこちら(↑)出来上がった状態、もう一度植物性オイルを塗布し乾拭きしました。汚れもあまり綺麗には落とさず少し汚れも残しながら中華料理屋さんで使っていた感を残しつつ・・・ちょっと味のある・・・お気に入りの1脚になりました(非売品ですが現在店頭でご覧いただけます)古くなっても、その古さがとても良い感じです。く使ってもらえればと考えています。

2017ショールーム(北欧フェア)イベントで実際にペーパーコードの実演とメンテナンスのデモンストレーションをやって頂きました(左側)ペーパーコード張り実演 職人(佐藤さん)

椅子のお手入れやメンテナンスの事などもお気軽にご相談下さい。

コロナ禍の影響により現在、椅子(張替)修理の受付けは予約順番待ちしています。詳しくはお問い合わせください。

YouTube動画でYチェアの説明をしています。

Yチェアの紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする