よみがえるYチェア(中華料理店で長年使っていたY チェア) 

Yチェアの座面(ペーパーコード)を外してみました。

2010年、故意にしている家具屋(九州U社長)さん~「面白いYチェアがあるけど要らない」という連絡が入りました。それは某中華料理店(久留米)が閉店されるという事でお店(中華料理店)で数十年使っていたボロボロのYチェアでした。そのYチェアはお店の歴史を感じさせられる位、木部(フレーム)は中華油と汚れで真っ黒になっていました。座面のペーパーコードは汚れて真っ黒になり、座面の中央部はへこんでペーパーコードの隙間から床が見えるくらいほどけていてその内、数本は切れていました。しかし、もう老いぼれているから捨ててしまおう?というような様子ではなく?もう一度、蘇らせたい気持ちになりペーパーコードをすべて自分で外してみました。そしてペーパーコードは自分では治せない(張り替えれない)のでカールハンセン&サン(指定)の職人さんに張り替えてもらうことにしました。

木部の内部がどうなっているのか興味本位ではさみとカッターを使ってひたすら切る作業を繰り返し全て木部からペーパーコードを外してみました。思っていた以上にペーパーコードがしっかり木部に巻いてある為、外すのはなかなか大変でした。そしてペーパーコードを外したフレーム部分をスポンジを使ってオリーブ石鹸をお水でかるく泡立てて汚れを洗い流してみました。①まず洗面器にぬるま湯を入れてスポンジとマルセイユ石鹸で泡立てます。②十分泡立てた石鹸を使ってスポンジで木部を洗っていきます。③何度か繰り返すと洗面器のお湯が真っ黒になります。(3回位変えて洗いました)④乾いたふきんを使って木部に着いた石鹸と汚れをふき取っていきます(2~3回行って下さい⑤しっかり乾燥させた後紙やすりで特に汚れの強いところを削って下さい。

ペーパーコードは張替え専門の職人さんに依頼しました。

木部に付いていた汚れはあえて全て取らずに…少し残しました。

何十年も時を経た味わい深い木部のほうが新品よりも奥深さを感じるのでペーパーがけも軽めに掛けてビーチ材が飴色になった雰囲気を楽しんでいます。

約1ケ月後(座面) 黒(ぺーパーコード)を巻いてもらい届いたのがこちら(↑)もう一度植物性オイルを塗布し乾拭きしました。中華料理店さんで使っていたお気に入りの1脚が蘇りました(非売品ですが現在店頭でご覧いただけます)古くなっても、その古さがとても良い感じです。コロナ禍の影響により現在、椅子(張替)修理の受付けは予約順番待ちしています。詳しくはお問い合わせください。

YouTube動画でYチェアの説明をしています。

Yチェアの紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする