Yチェア 木の種類

オーク材オイル仕上げ Yチェア

Yチェアの樹種(フレーム木の種類)のお話し

目次

  • 樹種の特徴(木の種類)
  • 経年変化するとどうなるのか
  • 座面のしあがりはどうなっているか

樹種別Yチェアの特徴

オーク材

上から(↑)順番にナチュラルソープ仕上げ、オイルフィニッシュ仕上げ、クリアーウレタン仕上げとあります。まずナチュラルソープ仕上げを略して(ソープ仕上げ)ですが、北欧では昔からある環境にも優しい自然な風合いが特徴の仕上げなんですが石鹸水を木部に塗り込ませて木の持つ自然な風合いを生かす仕上げです。オイルフィニッシュ仕上げに比べると若干白っぽくなっています。この木部サンプルも20年経つと当初と風合いから、かなりオーク材特有の黄色味がかってきます。オイルフィニッシュ仕上げは木部にオイルを染み込ませて汚れを守る仕上げでソープ仕上げに比べて濡れ色になる為、汚れが目立ちにくい仕上げです。自然の植物性油をベースに作られています。個人的にはメンテナンス性が良いのでオイル仕上げがおススメです。

オーク材ソープ仕上げ Yチェア

写真(↑)のYチェアはお店に約1年位展示しているオーク材ソープ仕上げですが…やはりまだ白さが残っています。肘部分を手でなでる様にお使いいただくと手の脂分などで艶が出てきます。オイル仕上げはソープ仕上げに比べるとやや黄色味がありオイル特有の艶がでます。

オーク材オイル仕上げ ナチュラルペーパーコード Yチェア

写真(左)オーク材ソープ仕上げ45cm (右)オーク材オイルフィニッシュ仕上げ43cmいづれもお店で1年位(展示)経過しています。

ナチュラルペーパーコード Yチェア  経年変化

こちらの写真は左が1年経過したオーク材ソープフィニッシュと入荷したばかりの新しいオーク材ソープ仕上げです。1年位で左のようになってきます。

ナチュラルペーパーコード Yチェア  スモークドステイン

2021年~オーク材スモークドステイン仕上げ(色の濃い家具などに良く合います)

Yチェア  スモークドステイン仕上げ 

お値段はオーク材オイル仕上げと同価格なのでウォルナット材は少しお値段が高いな?と思われる方にはおすすめです。ご覧の通りオーク材の木目がしっかり出ています。

左)オーク材ソープ仕上(座面高45cm)とオーク材スモークドステイン仕上(座面高43cm)

ウォルナット材

Yチェア  ウォルナット材オイル仕上げ

こちらがウォルナット材オイル仕上げのYチェアです。スモークドステインと比べるとウォルナット材は年月と共にダークブラウンからライトブラウン(明るい茶褐色)に経年変化してゆきます。チーク材のようになっていきます。使い込むほどに経年変化を楽しみたい方はウォルナット材がおススメです。

Yチェア  ウォルナット材オイル仕上げ ナチュラルコード

ウォルナット材はクルミ系の樹種で紫がかった焦げ茶色で落ち着いた雰囲気の樹種です。すべて厳選した材から椅子作りをしていますが節の出方なども多少異なりますが愛着が湧いてきます。価格的には一番高価ですが人気の樹種です。

ビーチ材

Yチェア  ビーチ材オイル仕上げ

ビーチ材は白木の明るい人気の樹種です。ブナの仲間でやや色赤みがかった色合いで、だんだんと黄褐色になっていく緻密な材です。オーク材同様にナチュラルソープ仕上げ、オイル仕上げ、クリアーウレタン仕上げがあります。価格的に一番リーズナブルになっていますのでナチュラルな雰囲気を好まれる方にはおすすめです。クリアウレタン仕上げは表面を保護する塗膜がかかっているので手触りがツルッとした感触です。不特定多数の方が使われる場所、メンテナンス(お手入れしない方が良い)という方にはお勧めです。個人的には木目があり手触りが良いオイル仕上げ、ソープ仕上げをお勧めします。

アッシュ材

Yチェア  アッシュ材オイル仕上げ

アッシュ材とういう樹種があります(仕上げも3種類)日本でいうタモ材になります。オークと比べて少し白っぽい樹種でビーチ材に比べると木目がくっきり出るのが特徴です…。野球の(木製)バットなどに使われているのですが、とても粘りのある樹種になります。

マホガニー材(NEW)

落ち着きのあるマホガニー材が新たに加わりました(2021/7月)ヨーロッパのアンティーク家具などでよく使われている樹種でウォルナット・チーク・マホガニーと世界3大銘木と言われている高級材です。茶褐色がだんだん赤みを帯びてくるのが特徴でウォルナット同様ダーク色の家具やアンティーク家具など落ち着いた雰囲気にはお勧めの樹種です。

経年変化

オーク材=ヨーロッパではウイスキーの樽や船の甲板などにも使われる重量のあるどっしりとした樹種です。だんだん黄色味が濃くなっていって虎斑木という独特の木目ががあります。表情豊かな木目の出方は個人的には一番好きな樹種です。

ウォルナット材=近年、家具材としては特に人気のクルミ科の樹種です。時と共に味わい深くなっていってチーク材のような渋みが出てくるのが特徴です…落ち着いた雰囲気を好まれる方やアンティーク好きな方、ダーク系のしっとりとしたイメージの方には特にお勧めです。

ビーチ材=日本名でいうとブナ材と呼ばれています。ピンクかかった木目がやや濡れ色になってきます。細かい斑点のようなものが入りますがオークに比べると大人しく清潔感あるナチュラル系の家具やインテリアが好きな感じな方におススメです。

アッシュ材=日本名でいうとタモ材と呼ばれています。オークによく似たもくめですがやや白っぽい樹種でやや黄色がかってきます。

マホガニー材=木目は均一で縞模様(リボン杢)が特徴の赤褐色の美しい樹種です。経年変化では深みが増してゆきます。

座面の仕上げ ペーパーコード

座面(裏面)の仕上がりは(↑)ペーパーコードが表面と同じように巻かれています。何カ所か結び目があり最後にコードが解けないようにしっかり結んであります。

こちらは定番のナチュラルのペーパーコード、15年~20年位で座面のぺーパーコードの張替をされる方が多いですが、3色(ナチュラル、ブラック、ホワイト)ありますが、一脚のYチェアに120mのペーパーコードが使われています。この一巻かなりの重量なんですが…1本に見えるペーパーコード先端をほどいてみると実は3本の紙をこよった状態で編んであります。

ペーパーコードには繊維段階で撥水加工が施してあります。もし珈琲やジュースなどをこぼした場合、隙間などに色が残ってないか確認しながら塗れた布巾で吸い取るようにして飲み物(色)を綺麗に拭き取って下さい。そのあと乾いた布きんなどで水気をとったら風通しの良い所で十分乾燥させてください。

因みに椅子の裏面に(カールハンセン&サン社の正規品)のシリアル番号入りのプレートが全て貼ってありますので合わせてご確認下さい。商品に何らかの問題があった場合はこのシリアル番号を申し付けて下さい。メンテナンス等も当店から購入いただいた椅子につきましては責任をもって対応させて頂きます。

お問合せは奥田家具へご相談下さい

YouTube動画でYチェアの説明をしています。

Yチェアの紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする