ダイニングテーブルとチェア(椅子)組合せのお話し

ダイニングテーブルとチェア(椅子)の組合わせ

ダイニングテーブルとチェア(椅子)は一般的にセット販売されているものを良く見かけます。同じデザインの椅子を揃えるというのは一般的なコーディネーションですが、当店ではテーブルと椅子を選ぶ際、素材やデザインが異なる椅子を選んで頂いたりアクセントとして色違いの椅子、または座り心地の異なる椅子をお勧めする場合もあります。

椅子とテーブルの組み合わせは洋服を着こなすように、その人なりの雰囲気やインテリア(イメージ)が左右される大事なコーディネーションだと考えています。

全体として明らかにバランスが悪く異質になる場合は別として、座り心地や使い勝手なども考慮しながらオリジナリティあるテーブルと椅子のセッティングのお手伝いをさせて頂きます。

ダイニングテーブルの形状や大きさの決め方。

まずダイニングテーブルを配置するスペースを確認させて頂きます。出来れば図面や写真等ありましたら確認させて下さい。配置する場所の寸法が明確だとテーブルの寸法や椅子に座った時の通路幅など考慮したり打合せがスムーズです。意外に良くある話なんですが?お店で気に入って注文(お家に搬入)したら実際よりサイズが大きすぎた(小さすぎた)という事が出来るだけ無いようにしたいと思います。まずはお部屋のスペースに合ったテーブルサイズはどれくらいなのか?そのテーブルを配置したら通路幅はどれくらいあるのか?という事を確認して頂き、そのテーブルに合う座り心地の良い椅子を選んでいくことをお勧めします。またご自身でお部屋(スペース)に合わせて段ボール等で実寸模型のシュミレーションしたりするもの良いと思います。勿論、気に入った椅子があり、その椅子に合わせてダイニングテーブルを選ぶというのも良いと思います。

テーブルはどんな形やデザインが良いか?

サークルテーブル(オリジナル)

サークル(丸型)テーブルは、お部屋を柔らかくカジュアルな雰囲気にしてくれます。椅子に座った時、家族全員の顔を見ながら食事が出来るのも人気の秘訣です。ただ場所を選ぶテーブルなので肘付き椅子(収納スペース)も考慮してサイズ確認して下さい。サークルテーブルには背もたれ、アームが丸形になっているデザインの椅子が良く合います(写真1300×H700mm/オーク材オイル仕上げ)奥田家具オリジナル

オーバルテーブル(オリジナル)

カジュアルな雰囲気で大人数が一度に食事が出来るサーフボード形のテーブルです。気心知れた友人など来客の多い方とゆっくりと食事の時間を楽しみたい方には特にお勧めのテーブルです。またテーブル面が広いので子供さんの勉強、デスクワークなども同時に出来ます。オーバルテーブルも基本的にはデザインが良く、良い座り心地の良いものを合わせて下さい。(写真W2,400×D950×H700mm)奥田家具オリジナル

レクタングルテーブル(オリジナル)

シンプルでオーソドックスなデザインですが使い勝手が良く、テーブル面のスペースが一番無駄なく有効に使えるレクタングル(長方形)テーブルです。壁と水平、直角に合わせることでリズムが生まれ、お部屋がフォーマルな空間になります。横に座る方同志の顔が見えにくくなるのが唯一残念ですが種類やデザインが豊富なベイシックなデザインです。サイズオーダーで製作になりますがW1600(4人掛け)、W1800~2000(6人掛け)、W2200~2400(10人掛け)このレクタングル(スクエアー)タイプには座り心地やデザインの良い椅子をお好みで選んで下さい。(写真W2000×D900×H720mm/ウォルナット材オイル仕上げ)奥田家具オリジナル

エクステンション(伸長式)クラシックテーブル (北の住まい設計社)

両端の天板を左右に引き伸ばすと伸張する構造になっている伸長式のテーブルです。伸長板(W300が2枚)はテーブル中央に収納できるようになっているので、急な来客時でも簡単に対応できるのがうれしいです。異なる椅子を組み合わせる場合は対角線上に同じデザインを合わせてみると意外にしっくり落ち着く場合があります。(写真MAXW2250-W1950-W1650 ×D900×H720mm/北海道産ナラ材オイル仕上げ)

バタフライ(折り畳み式)テーブル CH₋006  Carlhansen&Son

左右の補助天板(W480)が折れ曲がり、片側を壁面に寄せて通路幅を確保したり、折り曲げた補助天板は取外しもでき短編側にも座れるようになっている可変的に使える便利なテーブルです。限られたスペースでも普段使わない椅子はスタッキングできるものを用意してスペースを広くとることをお勧めします。(写真MAX=W2360-W1880-W1400/オーク材オイル仕上げ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする