キッチンの天板のお手入れ(メンテナンス)

キッチン(天板)のお手入れの方法をご紹介します。

新築やリフォームでキッチンを検討する際、天板の素材やお手入れなど日頃からどういったメンテナンスが必要になるか?気になるところです。天板素材(各アイテム)の注意事項を簡単にまとめてみましたのでキッチンを選ぶ際の参考にして下さい。

ステンレス天板

ステンレスは英語でstainless steelと言われていますが訳すると「錆びにくい鉄」となります比較的お手入れは簡単ですが細かな擦り傷などは目立ってきます。また水道水の中には不純物微粒子も含まれていますので、放置しておくと蒸発する際にステンレス表面に固着して「水アカ」になります。定期的に水洗い又は水拭きをした後、柔らかい布で乾拭きしてください。またステンレスは、強くて粘りのある金属ですが、表面は美しい反面 傷がつきやすいと言えます。タワシやスポンジの裏についているスコッチブライトや粒子の粗いクレンザー等でこすると「スリ傷」が付きます。ヘアーライン仕上げは横方向に細かく線が入ったような仕上げになっていますので縦方向のすり傷などは特に目立ちます。また食器などのお取り扱いにも充分ご注意ください。調理器具等の重いものを落とすと「へコミ傷」がつきやすいので、注意して下さい。そしてステンレスは決して錆びない金属ではなく「錆びにくい金属です」ステンレスが錆びる原因は酸化皮膜が破壊された時の「もらい錆が発生する」という事です(下記の件に注意してください)
①醤油や味噌など塩分のある調味料を放置した場合
②漂白剤、塩素系洗剤、ヌメリ取り剤、粒子の粗いクレンザーを使用した場合
③水分を長時間拭き取らない場合
④温泉水(硫黄分含む)、海水を長時間放置した場合など
ステンレス天板を使ったキッチン施工例はこちら

人工大理石天板

天然の石で出来たものが「天然大理石」、アクリル樹脂やポリエステル樹脂を主成分とした人工素材で出来たものを「人工大理石」と呼びます。 天然の石での天板は現時点では施工はありませんが何度かお見積りのお客様もおられましたが予算が合わず…断念しました)ある程度予算がある場合はTRYしてみたいと思います。その点、人工大理石は天然石のような高級感があり、バリエーションも豊富にあり価格もある程度抑えてある為、キッチンの天板として広く使われています。一般的にポリエステル樹脂製は価格が安いのですが熱や衝撃に弱く経年劣化もしやすくなっていますのでアクリル系のものをお勧めします。しかしアクリル樹脂系(人工大理石)も長年使っていると黄ばみが付いたり汚れたりもします(日頃のお手入れをしっかり行い汚れが残らないようにご注意ください)また熱いフライパンなど直接置くことは控えたり、直接天板の上で調理や包丁などは使用せず。鍋敷きやまな板をお使い下さい。また食器類やお鍋など硬いもの、重たいもの、先端(先)がとがっているものを落としたりした場合、天板にヒビ割れたり欠けたりする場合がありますのでご注意ください。

①中性洗剤と柔らかいスポンジで汚れを取る(取れない場合②)
②メラミンスポンジを使って軽く擦りながら汚れを取る
③クリームクレンザーを使って軽く擦る(粉末タイプはさらに傷をつけますので注意)
④水で洗い流し乾いたタオルで拭いてしっかり乾燥させる
人工大理石を使ったキッチン施工例はこちら

シーザーストーン天板

シーザーストーンが天然石のような質感(高級感)をだしている理由は約90%以上が天然素材のクォーツ(水晶)で構成されています。そのクォーツ(水晶)に天然素材の欠点を克服する人工の混ぜ物を加えて加工しています。その為天然石(弱点)の汚れ、傷、ひび割れ、吸水性、汚れやすさ、もろさといったものを最大限に克服した素材です。クォーツの含まれる割合は各メーカーによって異なりますが、おおよそ92%~94%と高い割合です。クォーツの持つ手触りや質感をそのまま残しながら、そこに樹脂が加わることで、キッチンカウンターとしての機能性(耐久性や清掃性)を向上させています。シーザーストーンは防腐剤やワックスを使用せずに美しさを保ち、簡単なお手入れだけで半永久的に美しさを維持していただけます。表面のモース硬度が6.5〜7というクォーツは最も硬い鉱物の一つで、傷、磨耗、割れに強く、表面の艶の変化が起こりにくい素材です。傷に汚れが入りにくいので衛生面でも高く評価されています。表面に空隙(小さな穴)がないので、吸収率の低い素材です。細菌の繁殖の原因になる水分や汚れの染み込みが少なく、多孔質な天然石にくらべ、簡単なお手入れで美しく清潔に衛生的な状態が、半永久的に続きます。

硬さ(モース硬度)ダイアモンド10/シーザーストーン6.5~7/御影石6/ナイフの刃4/大理石3吸水率 シーザーストーン0.05%/御影石0.20%/大理石0.10%

シーザーストーンを使った施工例はこちら

タイルやその他の天板を検討されている方

外国のキッチンやインテリアに精通されている方などは、あえて「木/無垢 」や「タイル」などの素材を天板に使ったりしています。これは古くなってもその良さを良しとするからです。一方で「クレームになるからそんなことはしない」というのも、新しいキッチンに夢や憧れをお持ちの方に申し訳ありません。しかしタイル天板を検討されているお客様にお伝えしたいことは「目地は汚れる」という事です。その上で良しとするか諦めるかをご検討ください。お店にタイル天板のキッチンを展示していますが(その際)目地の汚れも気になり目地クリーナーを用意してメンテナンスしてみましたが、醤油、ソース、ケチャップなど色が付いたものはすぐ拭き取ると取れますが時間が経ってから拭き取ると汚れが目地に浸透します。汚れが目立ちにくい色(ベイジュ、グレー色)もありますが、やはり色は若干は残りました。その上でタイルを天板に使ってみたいとおっしゃればTRYしても良いかと思います。タイルの独特の世界観が演出できると思います。因みに当店ではキッチン天板ではなく洗面所カウンター(ボウル)を半分埋め込んだ天板を無垢材で施工することは良くあります(写真↓)水が直接かからない為、キッチンなどよりはお勧めかもしれません。またタイルを壁に張るというのも良いかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする